クレカの機能が付いてくるネットバンクのカード

クレジットカードの即時決済の機能を取り入れている

最近、ネットバンクはクレジットカードの機能を取り入れたキャッシュカードを発行するところが増えています。クレジットカードの特徴として、カード会社に立て替えてもらえるので、現金を支払うのは後回しにできる、分割払いやリボ払い、ボーナス払いといった返済方法がある、現金を借りることができるといったものがあります。ネットバンクが発行しているカードは、こういった特徴の中から即時決済が可能というものを取り入れています。
実は、ネットバンクが発行しているカードはデビットカードなのですが、クレジットカードの番号がついているのです。そのため、クレジットカード払いしか受けつけていない店であっても、デビットカードをクレジットカードとして扱ってもらい、即時決済をするということが可能なのです。

中身はデビットカードなのでクレジットカードと同じ使い方は無理

では、ほかにはどのような特徴があるのでしょうか。まず、分割払いやリボ払いといったものには対応しておらず、利用者の口座にお金が入っていない限り、クレジットカード決済には使えないというものがあります。ただ、例外もあり、店が実際の売り上げ処理を後日行う場合、仮売り上げという処理を行った段階で、商品を発送したり、サービスを実行したりします。この場合は、商品が手元に届いてからしばらく経って、銀行口座から代金が引き落とされることになります。
また、クレジットカードとは違い、カードを作るときに審査は行われません。なので、申し込んでも在籍確認の電話が自宅や勤務先にかかってくることはありません。ほとんどのネットバンクは信用情報機関に対して申込者の情報を請求することもありませんが、一部の会社は見る場合もあります。

お店や通販などで買い物をしたときに、クレジットカードで決済して支払うことです。他にも光熱費や通信費などもできます。