クレカで簡単!ネットショップ決済

ネットショップでもっとも簡単な決済方法はクレジットカード決済

インターネットショップで買い物をする場合、もっとも簡単な決済はクレジットカード決済です。商品を配達してきた人に対して代金を支払う代引きも簡単ではありますが、配達時に現金を用意しておかないといけないという手間に加えて、代引き手数料がかかってしまうので割高になってしまいます。しかし、クレジットカード決済では商品の代金と送料以外に支払うものはありません。では、インターネットショップでクレジットカード払いを選ぶ場合の流れはどのようなものになるでしょうか。
商品をカートに入れたあと、注文フォームに送付先などの情報を入力し、次にカード情報を記載することになります。カードにはいろいろなブランドがありますが、ブランドを入力する必要はなく、名義人とカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力すれば済みます。

商品発送までに至る時間もクレジットカード決済が一番早い

カード情報を入力したあとに決済ボタンを押すと、その情報はカード会社のサーバーへと送られ、照合が行われます。入力された情報はすべて正しいかどうか、あるいは代金の未払いなどによって無効になっていないかなどがチェックされて、問題がない場合は決済が行われます。もし、カード番号を間違えて入力してしまった場合は、エラーになって再びカード情報を入れなければなりません。
決済が行われると、ショップは直ちに配送準備に入ります。決済方法で銀行振込を選んだ場合は、入金の確認に時間がかかってしまうので発送日が代金を振り込んだ日の翌営業日になってしまうこともありますが、カード決済だと、入金の確認に時間がかからないので発送は最速で行われることが多いです。

ユーザーの支払いの利便性が高いのがコンビニ、どこにでもあり、個人情報が洩れることがないのが魅力です。コンビニの決済代行サービスは通販の会社には大きなツールとなります。