審査不要のデビットカード決済

デビットカードとクレジットカードの違いは?

デビットカードは、銀行の口座と直結していて、支払いと同時に口座から引き落とされます。クレジットカードでは月に一度、まとめて引き落とされます。デビットカードは、口座にある金額が使える範囲になるため、審査がなく利用することができます。
デビットカードには2種類あり、銀行のキャッシュカードがそのまま使えるものと、VISA等のクレジット会社を経由して支払うものがあります。クレジット会社を経由する場合にも、即時引き落としになる点は変わりません。
クレジット会社を経由する場合には、口座番号の他に、クレジットカードとして利用できるクレジットカード番号が付加されています。そのため、ネット決済などでも利用することができます。

デビットカードの利点は?

デビットカードは、「J-Debit」を表示している店舗で使えます。クレジット会社経由の場合には、クレジットカードが使用できる店舗で使えます。銀行口座のみの「J-Debit」は利用可能箇所が少ないこともあり、決済金額は減少傾向にあります。現在はクレジット会社経由のデビットカードの利用が増えてきています。
クレジットカード決済ができる店舗は増加傾向にあり、ネットでの決済も可能であることから、これからデビットカードを利用するのであれば、クレジット会社経由のカードを作っておくと良いでしょう。「J-Debit」加盟店とクレジットカードが利用可能な店舗では圧倒的な差があります。
クレジットカードをすでに持っているのであれば、デビットカードを作る必要性はありません。デビットカードは審査がなく、誰でも作れるといった利点しかありません。